男心をつかむデート編

デートの食事で好意度アップ

好きな男性とデートをする時、美味しいレストランで食事をしたり、普段は行かないような飲食店で食事をすることもあるでしょう。今回は、好意度をアップさせるテクニックではなく、好きな男性と美味しい食事を取ると、あなたへの好意度が自然にアップするという簡単なお話です。

心理学者のグレゴリーラズランが研究した、ランチョンテクニックという考え方があります。

これは、ビジネスなどで用いられる手法で、食事中に相手と交渉すると、普段より好意的な反応を示し、交渉がまとまりやすくなるというものです。サラリーマンの接待で高級クラブを利用したり、政治家が料亭で食事をするのも、こういう理由からです。

食欲は人間の三大欲の1つで、美味しい食事をすると、この欲求は満たされます。その欲求を満たされている時(美味しい食事をしている時)に感じた“快楽”は、一緒に食事をした人にも好意を抱くようになります。

食事の後に、「お腹いっぱい!美味しかった!」という満足感は誰にでもあり、その満足感は美味しい食事で得られるものですが、一緒に欲求を満たしてくれた(食事した)人のおかげだと思って、一緒に食事した人の好意度もアップするというわけですね。

逆に、一緒に食事した料理が美味しくなかった場合、満足感を得られないことがあり、一緒に欲求を満たせなかった事で好意度が下がってしまう場合もあります。できるだけ美味しい食事を楽しみましょう。

これは、美味しい食事をするだけで得られる効果なので、テクニックと呼べるようなものではありませんが、男心をつかむデートの基本です。デート時に座る位置の心理学と合わせて、美味しい食事を楽しみましょう!

膣トレ

-男心をつかむデート編