男心の基礎知識 男心をつかむデート編 男心をつかむ出会い編

男が武勇伝や自慢話を語る男性心理

飲み会や合コンなど、特にお酒が入っている状態で、男性が女性に武勇伝や自慢話を語っている光景を目にします。あなたも男性から武勇伝や自慢話を延々と聞かされた経験はないでしょうか?

男が武勇伝や自慢話を語る男性心理は、自分を褒めてもらいたいという男のプライドを保つ為の行為です。そして、多少なりとも好意を持っている女性に対して語ることが多く、男性から武勇伝や自慢話をされた時点で、あなたに好意を持っている可能性が高いのです。

男性が武勇伝や自慢話を話してきたら、「私に興味があるんだな」と思って、上手に相槌を打ってみましょう。それだけで簡単に好感度をアップさせることが出来ます。

ここまでは、当サイトの読者さんだったら簡単に推測できますよね。

では、武勇伝や自慢話をしてきた男性が、自分の好みではなく、本当に「ウザい!」と感じてしまう時はどうしたらいいでしょうか。

武勇伝や自慢話をしてきた男性に対して、「で?だから何?」という、そっけない態度をとる事は簡単ですが、それではモテる女性にはなれません。自分の好きな人でなくても、「ウザい!」と感じても、男の武勇伝や自慢話は聞いているふりをすることに意味があるのです。

「モテる女性になれなくても、好きな人にだけ好印象を与えられれば良い」と考えてしまう女性もいるでしょうけど、男性の話を聞くあなたの態度は他の男性も観察している事が多いんですよ。それは、あなたの好きな男性も同じです。

あなたの好きな男性が、あなたと他の男性の会話を観察していて、あなたが「で?だから何?」みたいな、そっけない態度をとっているところを見てしまうと、その好きな男性にも、「あの娘と話しても楽しくなさそうだな」と警戒されてしまいます。

たとえ、興味がない男性からの武勇伝や自慢話であっても、上手に相槌を打って聞いてあげていると、「あんな武勇伝や自慢話でも楽しく笑って聞いてくれるんだ!」、「俺にだってもっとすごい武勇伝や自慢話あるよ!」と、あなたの好きな男性もあなたに話を聞いてもらいたいと思うでしょう。

そして、あなたの好きな男性が話しかけてきた時も、同じように聞いてあげれば、その好きな男性に対して、良い印象を与え、あなたの好感度もアップするというわけですね。

また、その場にあなたの好きな人がいないとしても、「あの娘と話しているとすごく楽しい」という良い噂が男同士で広まる事も少なくありません。男が武勇伝や自慢話をしてきたら、「ウザい!」と思うのではなく、好感度をアップできるチャンスだと思ってみてください。

結あおり(コミック)

-男心の基礎知識, 男心をつかむデート編, 男心をつかむ出会い編