男心をつかむ出会い編

「また会いたい」と思わせる方法

2011/03/27

男に「また会いたい」、「もっと一緒にいたい」と思わせるのは恋に発展するきっかけや恋愛の持続に効果が高いです。あなたのほうが会いたいと思って、しつこく誘ったりするのは逆効果なので、男からあなたに「また会いたい」と思わせることが大切です。

これには「ゼイガルニイク効果」という恋愛や勉強に使われている心理を応用して、男に「また会いたい」と思わせます。ゼイガルニイク効果とは、人間は感情や気持ち、気分が高ぶった時に、何かを中断されると、その中断した瞬間の出来事をハッキリと記憶するという心理です。

例えば、テレビの連続ドラマを見終わったとき、次の展開が気になって次週が待ち遠しいという経験、皆さんも1度はあるのではないでしょうか?

これもゼイガルニイク効果を応用していて、視聴者の関心を次週に繋ぎとめるためにわざと感情や気持ち、気分が高まる場面でドラマは終わるのです。そのようにする事で視聴者は次週の展開が気になって気になって仕方なくなり、次週もまた見てくれますからね。

これを恋愛に置き換えるとですね?

デート中、男性の感情や気持ち、気分が高まっている時にデートを終わらせるのです。家に帰る言い訳としては、「門限が厳しい」、「明日朝が早いから」など男のプライドを傷つけることなく男のほうから引き止めることが難しい理由が良いでしょう。

男からすると感情や気分が高まっているとこなので「ええっ!もう帰っちゃうの?」、「もう少しだけ一緒にいたい」など言ってくるかもしれませんが、そこはキッパリと断って帰ってください。そこで「じゃあ、もう少しだけ…」となるようでは絶対にダメですよ。

ゼイガルニイク効果どころか、軽い女、流されやすい女と思われる危険性もありますからね。
そして、デートの別れ際に男性のほうから「今度はいつ会える?」など、デートの約束をしたい素振りを見せればゼイガルニイク効果の成果が出たといえるでしょう。

「また会いたい」と男が思えば思うほど、デートの機会が自然と増えますよね。そこで、会えば会うほど好きになる?のページでも言ったように、単純接触効果が表れるまで、ゼイガルニイク効果を繰り返し使うことで確実にあなたの虜にすることができるはずですよ。

-男心をつかむ出会い編